大阪府で新築・増改築、リフォーム、建材販売なら大阪府交野市のフロックスへ

新築・建替え

フロックスを支える、
匠の会

匠の会は、棟梁大工を先頭に、中堅大工から若手大工まで、技術力を高めるための育成を目的とした活動を行っています。
“匠の会”は、フロックスの家づくりに関わる、2人の大工によってはじまりました。今日の建築はプレカットが主流です。しかし、職人の技術が家づくりにおいて大切であることは、今も昔も変わることはありません。

プレカットとは

プレカットとは、建築用の材料を事前に工場で加工しておくことです。以前は木造住宅の建築において、建築現場に作業小屋を設けそこで木材を加工していましたが、現在、工事現場のほとんどでプレカット材が使われています。

例えば、お客さまの家を建てるとき、それぞれのお客さまによる細やかなご要望や、家づくりにおける細部に渡る細部工程において、職人の技術力が物を言うことは確かです。

だからこそ、私たちは機械に頼るだけでなく、職人本来の腕・技術力を高めることで、より良い家づくりを提供できるものと考えており、フロックスを支える大工たちによる”匠の会”を結成し、日々、切磋琢磨しています。

(かんな)がけを極めること。

匠の会では、特に鉋(かんな)がけの技術力向上に務めています。鉋(かんな)がけは、人の手によって極めると、時には精密機械をも凌駕するほどの正確さ、精緻さを誇ることができます。

匠の会では、そんな鉋(かんな)がけのスペシャリストを育成し、フロックスの家づくりの力になれるよう、日々鍛錬しています。また、大工がかんなで木材を削る、削りくずの薄さを競う大会にも出場するなど、精力的な活動を行っています。

削ろう会 全国大会へのエントリー

大工をはじめ、木造・木工関係の職人、その工具を制作する鍛冶・手道具の職人が一堂に集い、鉋(かんな)による薄削りを競い合う「削ろう会」へ積極に参加しています。

削られる鉋くずは厚さ数ミクロン(1000分の1ミリ)という、プロが成せる技が披露されます。この削ろう会では厳しい審査基準が設けられており、削りだした鉋くずが基準に満たない場合は失格となります。

現在の住宅ではプレカット(工場加工)での制作が進み、機械での加工精度は昔に比べて格段に向上しています。一方で、構造材、横架材の仕口の加工や柱・梁のホゾ加工等、手刻みにて加工ができる大工の人口が減少傾向にあります。

フロックスには山田大工(写真)を筆頭に有技術者が複数人在籍しているため、築年数が大きい日本家屋や古民家の改修工事も得意としています。
(実例:古民家再生

昔の古民家等はゴロンボ丸太等を使用しており、天井裏に隠れているゴロンボ丸太を活かし吹き抜け(勾配天井)に改修するとその家独自(ONLY ONE)の仕上がりになります。
重厚ながら、洗練されたデザインを演出し、上質な設えとなります。
(実例:若江岩田 / 実例:東大阪市荒本

伝統技術の一つ「化粧破風」

化粧破風(けしょうはふ)とは

屋根の側面に取り付けられている板のことを破風板(はふいた)と言いますが、化粧破風(けしょうはふ)は、無垢木のままの破風板を指します。近年ではガルバリウム鋼板等の金属製のものや窯業系の物が多くみられますが、神社仏閣や日本家屋・古民家などにはこの無垢材での化粧破風が用いられます。

格式の高い建築物で多く採用される化粧破風は、宮大工のような高い技術を要するため、国内でも有技術者は多くありません。
フロックスにはその技術を有した大工が複数在籍しているため、このような難しい技術が必要な建築物にも対応が可能になっています。

化粧破風の制作過程

破風加工にあたりカンナも 市販では販売していないため、カンナや加工道具も用途に合わせて大工自身が自作で制作しています。(キワカンナ/丸カンナ/反りカンナ等) これらを使い、機械ではなく職人の手で機械レベルの精密な加工を施します。

化粧破風(照り破風)制作にあたり住宅の照り・むくり(曲がり)に合う材料探しから始まり、木の癖や 対にした際の木目や仕上がりを考えながら選定していく必要があります。その際の熟練の職人による目利きで最適な資材を調達していきます。

  • 山田 幸一

    山田 幸一

    棟梁/大工歴43年

    大工としてのポリシー・こだわり 木を尊し木とともに生きる。
    最近の活動報告 自身たちによる定期的削ろう会を、約2か月に1回実施。
    施主様へメッセージ 木のぬくもり、やさしさ、私たちの思いが伝われば幸せです。
  • 飽田 堅次

    飽田 堅次

    大工歴31年

    大工としてのポリシー・こだわり 明るい現場
    最近の活動報告 自主練習を行っています。
    施主様へメッセージ 施主様の理想、イメージ通りの家に近づくように努力いたします。
  • 徳田 辰也

    徳田 辰也

    大工歴31年

    大工としてのポリシー・こだわり 整理整頓
    最近の活動報告 自身たちによる定期的削ろう会を、約2か月に1回実施。
    施主様へメッセージ 施主様の満足の行く笑顔を見ることができるよう、丁寧な家づくりを心掛けています。
  • 堀田 弘

    堀田 弘

    大工歴24年

    大工としてのポリシー・こだわり いただいた仕事は全力で尽くす。
    最近の活動報告 鉋が好きな人がこんなに沢山いるという事に驚き、鉋を通していろいろな人との出会いがありました。(削ろう会に参加にての感想)
    施主様へメッセージ 施主様に満足いただけるように、精一杯努力させていただきます。
  • 石原 啓行

    石原 啓行

    大工歴19年

    大工としてのポリシー・こだわり 初心忘れす、常に向上心を持つこと
    施主様へメッセージ 見えないところも一つひとつ丁寧に仕上げさせていただきます。
  • 中 茂行

    中 茂行

    大工歴29年

    大工としてのポリシー・こだわり あきらめないこと
    施主様へメッセージ 施主様の理想のマイホームに近づくことができるよう、一生懸命頑張ります。