当社スタッフが、フロックスで家を建てました。vol.1 一岡瑛・幸子夫妻の場合。いよいよはじまりました!「当社スタッフがフロックスで家を建てました」シリーズ。第一回は、一岡夫妻編です。建築から引き渡し、現在の住まいの状況まで、すべてお見せいたします。

マイホームを持つことになったきっかけ

フロックスのある、交野市に住みたかったというのが一番ですね。また、以前も会社近くのマンションで暮らしていましたが、これから子どもたちが大きく成長していくにつれ、新築一戸建てが欲しくなったのも理由です。

自分の会社で、自分の家を建てるということ

普段は現場監督として施主様の建築に携わっている立場ですが、かといって、自身の会社で家を建てることに不思議な感じはなかったですね。手前味噌ですが、フロックスの家のクオリティには自信があったので、むしろウチの会社で建てたかったんです。

また、いままでに数多くの建築に携わっているので、家づくりの過程はよく分かっていることと、こんな家にしたいという希望も言いやすいのでちょうど良かったです。

いよいよ建築のはじまり~地鎮祭~

何度も立ち会ったことのある地鎮祭ですが、自らが主役になるのはなんだか新鮮ですね(笑)。地鎮祭の時間はだいたい30分から1時間程度ですが、ちょっと緊張してしまいました。

地鎮祭とは
地鎮祭とは、工事の安全を祈願するための儀式で、建築工事に先立って行われます。今回のように住宅の場合は、地域の神社に依頼して神主に来ていただき、祓い清めてもらいます。日取りは大安、先勝、友引などの吉日を選んで行われます。儀式に参加するのは、建て主とその家族、棟梁、鳶、設計者、施工者など、基礎や躯体工事に関係する職人や専門家たちです。

マイホームができるまで

建築中。スタッフも気合が入ります。いよいよ上棟!
上棟(じょうとう)とは
上棟とは、柱や梁などを組み立てて、家の最も重要な箇所である「棟を上げる」ことで、またの名前を「棟上(むねあげ)」とも呼びます。この重要な木を組むことは、つまり、建物の骨組みを組み終わるということです。その日にお祝いを兼ねて、上棟式を行います。
御幣を祭って、工事の安全と家内の繁栄を祈願
御幣(ごへい)とは
上棟式では「御幣(ごへい)」という重要アイテムを祭ります。御幣とは、三尺くらいの板に両紙垂れをはさみ、扇子や水引で飾られた縁起物で、施主、施工者、建築日等を書き、工事の安全と家内の繁栄を祈願します。
内装工事がはじまりました。幸子夫人が自ら気になってチェック。見学は必須!
実際の現場を見学しよう
上棟以降は、実際の建物の形で捉えられるようになり、一段と実感が湧くものです。このときに、実際に現場へ足を運んでいろいろと確認してみることをおすすめします。実際の現場を見ながら、電源の位置や照明・家具の配置など、これからお住まいになるイメージを膨らませながら、一つ一つ確認していきましょう。
完成が近づいてきました。 記念に家族みんなの手形を ついに完成!

実際に住んでみて感じる、フロックスの家

家のいろいろなところに、私の大好きなキャラクターを使ってもらいました。壁紙はもちろん、壁にそのキャラクターの型をくり抜いてもらったりと、すごく愛着ある家になってすごく嬉しいです。

見た目はもちろんですが、コンセントの位置や家電・家具の配置、収納スペースの確保など、暮らしやすさにこだわりました。

使いやすさでいえば、収納スペースには特にこだわりました。たとえばバスルーム横に肌着を入れる収納を設けたり、2階にはクローゼット部屋を設けたりと、子どもが3人いてもすっきりした家になり快適です。

こだわり和室

ちょっとした仕掛けのある自慢の和室!

リビング奥の和室(畳スペース)がちょっと自慢です。ここは、畳を取り出してテーブルを設置することで、掘りごたつになるよう設計されているんです。これは、事前に購入したテーブルの大きさに合わせて、開口部を緻密に設計・施工してもらいました。掘りごたつは、家族揃って鍋パーティをしたり、友人知人を招いたときに利用したりと、いろんな使い勝手があって便利です。

掘りごたつの完成

廊下から直接出られるワイドな照明付バルコニー

ベランダには照明を取り付けてもらいました。洗濯物を夜に干すことが多いので、小さなこだわりですがとても便利で助かってます。そしてベランダへは、居室からだけではなく廊下からもダイレクトに出られるので、見た目はもちろん生活動線にも配慮されています

造りつけの勉強机や棚のある子ども部屋

子ども部屋に設置した棚も細やかなポイントですね。畳数が限られ、かつ、物が多くなりがちな子ども部屋には、こんな部分も実は大切だと思います。

山田さん(弊社設計士・山田真)に間取りを考えてもらい、基礎工事から完成まで、想定したとおりの家が建った感覚です。
これは私たちが思い描く、満足のいく住まいができたという点はもちろんですが、これまでにフロックスで数多くの施主様の住まいづくりに携わってきたこともあったので、だからこそまったく不安なく、完璧な家ができたという安心感です。
今回、フロックスで家を建ててから、これから携わる施主様に対してももっともっと完璧な家を建てたいという気持ちが強くなりました。

大阪府で新築・増改築、リフォーム、建材販売なら大阪府交野市のフロックスへ

フロックス有限会社

〒576-0041 大阪府交野市私部西5-947-2